2016~2017年  経過~予定

2017年・開催した行事
  経過報告 

★ 1.当クラブの活動を『物理教育学会』で報告(3月4日)・・下の”トピックス”欄 もご参照下さい。
★ 当クラブの活動を 学会 で報告  (^^♪        2017年3月4日 大分大学で開催された『物理教育学会九州支部・講演会』において       題目 ”科学の面白さ・楽しさを市民に伝える ~サイエンス福岡クラブの活動”                       講演発表:巨海 玄道 九大名誉教授         2011年、当クラブの発足直後に3.11大震災、それを受けてのチャリティー講演会『原子力         エネルギーと放射線を科学する』や  セミナー開催、や『親子理科教室』開催等の活動 について報告。


 ★4月22日(土:『科学セミナーとクラシック 音楽の共演』 
     場 所西南大学コミュニティーセンター大ホール
     (福岡市早良区西新 6-2-92、Tel 092-823-3952,地下鉄”西新”より徒歩5分)
    第1部 ~ ピアノとフルートで楽しむクラシックコンサート …13時半より
        演奏曲目:*無言歌集より”春の歌”op.62-6 (メンデルスゾーン)、
             *版画より”雨の庭” (ドビュッシー)、ほ
         奏 者 :「九大ピアノの会」岩橋佑弥、具志堅光星、虎谷渓& トーク・増木風佳
    第2部 ~ 自然エネルギーセミナー/ 環境と原子力発電14時45分より
     1.”再生可能エネルギーの有効利用~地球環境負荷低減を目指して”
         講師、 友清 芳二氏 (九州大学名誉教授
      2.”原子力安全規制のあり方~福島第一原発事故を教訓に”
         講師、吉岡 斉 氏(九州大学比較社会文化研究院教授)
       (要旨抜粋)2012年に発足した原子力規制委員会やそれが定めた新規制基準は、
        原子力施設の過酷事故を防ぐには不十分であり、また不幸にして過酷事故が発生
        した場合に周辺住民および国民の被害を最小限にとどめるには不十分であると
        考えられる。それについて、政府事故調委員を努めた経験も踏まえ、原子炉の仕
        組みに必ずしも詳しくない方々にみ分かり易く説明します。
     第3部 ~ 自由討論 (16時40分頃より)
      
  ☆★夏休みの理科教室 ; 2017年7月下旬に予定
     // 南極の今 …観測してきた南極、見てきたいろいろ、
       講 師 : 林 政彦氏(福岡大学教授)
        南極の今は?空気、氷山と温暖化は?ペンギンは?今春までの観測して
        見てきたいろいろなお話し
   
   ☆★ 秋のエネルギーセミナー  ;2017年10月に予定  
    (仮題)自然を生かした家作りエコ住宅のサイエンス 
       講 師 : 林 徹夫氏(九州大学名誉教授、専門=エネルギー環境共生 工学)


    ★ お問合せは 
         メール miyakepc17@yahoo.co.jp  宛にご連絡ください
        または Fax 092-562-8120
     。                            

 2016年 実 施 報 告   

ERROR!!

  2016年の経過・まとめ  


  日  時    内  容    場  所
2016年
  4月24日(日)
コンサート&セミナー;”ピアノとフルートの演奏会” 
 テーマ ”自然エネルギー利用と電力安定供給の課題について” ★1 /済み
西南学院大コミュニティセンター
(早良区西新)
  8月6日(土)
勉強会:いのちと地球 ~ 私の太陽光発電 奮戦記”
  /済み
福岡市NPOボランティア交流センター
  10月29日(土) セミナー ここまで進んできた再生医療再生医療
で今、何を治せるの? iPS 細胞って何” ★2 /済み
福岡市NPOボランティア交流センター
   

2016年一部の内容・経過  報告

  ★1 4月24日(日):『自然エネルギーセミナーとクラシック コンサート』                            場  所:西南大学コミュニティーセンター大ホール  
     第1部 ~ ピアノとフルートで楽しむクラシックコンサート    
         演奏曲目:愛の挨拶(エルガー作曲)、You Raise Me Up、ラルゴ(ヘンデル作曲)ほか 
         奏 者・藤江敬子氏(ピアノ)、白木彩子氏(フルート)  
         演奏者によるトークを交えながらの音楽会でした。  
     第2部 ~ セミナー ”自然エネルギー利用と電力安定供給の課題について”   
       1.再生可能エネルギーの普及状況と電力安定供給上の課題  
          講師:九州電力(株)執行役員 能見 和司氏     
       2.各種技術が支えるこれからのエネルギーの供給と利用の姿      
          講師:九州大学・稲盛フロンティア研究センター教授 古山 通久氏  
     第3部 ~ パネル討論会 

  ★ 2 10月29日(土)2016秋のサイエンス・セミナー 
       テーマ: ここまで進んできた再生医療~再生医療で今、何を治せるの? iPS 細胞って何?  
           講 師:(株)ツェレック代表取締役 坂井秀昭氏       
       概 要:再生医療医療技術によって作製された組織を移植する手術などの 治療例の実際~ 細胞シートによる
          心筋梗塞手術例(阪大病院)や膝関節の軟骨再生(東海大病院)など、講師が実際に携わった劇的な
          病症回復例の紹介、また基礎研究の最新情報、話題の iPS 細胞の現状や 将来展望等々のお話で、興味
          深いセミナーでした( 福岡市、福岡市医師会後援)

2015年の経過まとめ

  日  時    内   容    場  所
2015年3月22日(日) エコを考える簡単、楽しい理科の工作ー親子教室/済み 臨海3Rステーション(東区箱崎)
  4月25日(土) クラシックコンサートと自然エネルギーセミナー
 テーマ;”クリーンで高効率な発電システム
     ”燃料電池”            /済み  
西南学院大コミュニティセンター
 (早良区西新)
  8月6日(日)
夏休み親子教室”『星座教室~夏の星座探しのコツ
 と親子で楽しむ理科の工作教室 ★1 /済み
臨海3Rステーション(東区箱崎)
  10月29日(土) セミナー”エネルギーの地産地消~小水力発電” ★2 福岡市NPOボランティア交流センター
 10月16日より毎月1回 科学の講座”サイエンスの立場からの美容と健康ライフ
朝日カルチャーセンター
     

☆1 2015年8月23日(日)『星座教室~夏の星座探しのコツ』と親子で楽しむ理科の工作教室    
       講師 吉村真司氏(福岡県青少年科学館天文専門員、JAXA宇宙教育リーダー)
         あの星座は何?? 星座をさがすにはコツがあり、準備するもの、用意することを知って、~
        ~自分だけのオリジナル星座シートを作りながら、楽しく星座を学ぶことができました (*^_^*)

2 2015年10月17日(土) 自然エネルギーセミナー ”エネルギーの地産地消~小水力発電” //開催済
      講師 島谷幸宏氏(九州大学工学研究院 環境社会部門)、
     ;講師自ら実施している糸島市白糸の滝における小水力発電の導入計画策定を例にとって、
      地域に根差した自然エネルギーの使い方が紹介されました。後半90分の質疑・自由討論の時間では
      活発な意見交換がされました。

☆2015年 10月16日より月1回 やさしい科学の講座 //開催済み
    朝日カルチャーセンター福岡教室の一環として実施。
  ◆場 所:博多駅前朝日ビル8F
  ◆テーマ:”サイエンスの立場からの美容と健康ライフ
        コーディネーター、迎 勝也 九州産業大学物質生命化学科教授 
  ◆プログラム:
   ○10月16日 ”あなたの健康のために~メディカルハープの活用法” 講師、ハーバルセラピスト 下川 久美氏
   ○11月20日 ”身近な植物やカイコ、鉱物を利用する化粧品のサイエンス”講師、九州産業大学・理学博士 迎勝也氏
   ○12月18日 ”貴方は大丈夫?医薬品とサプリメントの飲み合わせについて” 講師、お薬研究会代表・薬学博士 矢野忠則氏
   ○2016年1月15日 ”長寿社会の生活の質を上げる医薬品とはどのようなものか” 講師、九州産業大学 迎 勝也氏 
   ○2月19日(金) ”話題の iPS細胞!現在と未来の展望” 講師.(株)ツェレック・代表取締役 坂井 英昭 氏

 ◆以上のお問い合せは『科学の質問箱、お申込み、お問い合せ』ページで。
    下の写真は 九大構内の燃料電池車用水素ステーション(4月25日セミナー資料)