2017~14年 の 活動報告


2017年 催し ♈♈

 2.  4月22日13時 (土)    第3 回 ・エネルギーセミナー&ジョイント・コンサート♪              西南大学コミュニティセンターホール での開催 (福岡市後援)   
    第 1部: 九大ピアノの会メンバーによるクラシックコンサート  ♫♫     
    第 2部: セミナー・ // テーマ ~~ ”環境 と 原子力発電 ”   
     ① "再生可能エネルギーの有効利用~ 地球環境負荷低減をめざして"     
        講師、 友清 芳二 氏 (九州大学名誉教授)  
     ②” 原子力安全規制のあり方”~ 福島第一原発事故を教訓に ”  
        講師、吉岡 斉 氏(九州大学比較社会文化研究院教授)

 ☆3. 夏の理科教室 //  ”南 極 の 自然と観測  ~南極(氷の大陸)で見てきたこと”               2 017年7月30日(日)  NPOセンターあすみん で開催。  (福岡市教育委員会後援)
          南極地域 観測隊員でもあった 福岡大学・林 政彦 先生 の お話と実験指導 で  
          定員一杯約 70 名の親子さんが参加、南極氷を楽しみ、質問もして、学びました 

 ★ 4. 秋の エネルギーセミナー ;   
          2017年 10月14日、  あすみん にて開催   
     題 目  “ (ZEHゼロエネルギー・ハウス)を考える ~ 住宅の熱・エネルギー収支” 
            講 師、 : 林 徹夫 九州大学名誉教授;              
        外壁の断熱性能の向上と高効率な設備システムの導入により室内環境を維持しつつ、
        再生可能エネルギーを導入したエネルギー消費量ゼロの「ZE H」 についての講演

***2016年から遡って

 ☆2016年10月29日(土)2016秋のサイエンス・セミナー                         テーマ: ここまで進んできた再生医療~再生医療で今、何を治せるの?iPS 細胞って何
         講 師:(株)ツェレック代表取締役 坂井秀昭氏
     概 要 :再生医療医療技術によって作製された組織を移植する手術などの 治療例の実際、即ち                    細胞シートによる心筋梗塞手術例(阪大病院)や膝関節の軟骨再生(東海大病院)など、                   講師が実際に携わった劇的な病症回復例の紹介、また基礎研究の最新情報、話題の iPS 細胞                  の現状や 将来展望等々のお話で、興味深いセミナーでした( 福岡市、福岡市医師会後援

 ☆2016年8月6日 夏の勉強会を開催しました。 
    テーマは ”いのちと地球 ~ 私の太陽光発電 奮戦記”
         講師・ 諸藤 成信氏  
       一市民の立場で立上げた太陽光発電施設について、興味ある体験談を語って頂きました。

 ★ 2016年4月22日(土)『自然エネルギーセミナーとクラシック コンサート』 
    第1部 ~ ピアノとフルートで楽しむクラシックコンサート 
       演奏曲目:*愛の挨拶(エルガー作曲)*You Raise Me Up *ラルゴ(ヘンデル作曲)ほか               奏 者・藤江敬子氏(ピアノ)、白木彩子氏(フルート)   
            演奏者によるトークを交えながらの音楽会でした。
    第2部 ~ 自然エネルギーセミナー/ 将来のエネルギー供給のあり方について          . テーマ :1.再生可能エネルギーの普及状況と電力安定供給上の課題    
           講師:九州電力(株)執行役員 能見 和司氏  
              
         2.各種技術が支えるこれからのエネルギーの供給と利用の姿   
           講師:九州大学稲盛フロンティア研究センター教授 古山 通久氏 
        


 ☆2015年10月16日より 科学講座~ 朝日カルチャーセンターと共同開催 //済み 
   ”サイエンスの立場からの美容と健康ライフ” 
     コーディネーター 迎 勝也氏 (九州産業大学物質生命科学科教授)  
     内容;
      2015年 10月16日の講座 『あなたの健康のために~メディカルハープの活用法   
           11月20日の講座 『身近な植物やカイコ、鉱物を利用する化粧品のサイエンス』 
           12月18日の講座 『貴方は大丈夫?医薬品とサプリメントの飲みあわせについて
      2016年 1月15日の講座  『長寿社会の質を上げる医薬品とはどのようなものか』   
            2月19日の講座  『 話題の iPS 細胞!再生医療はどうなる?現在と近未来の展望』

  ☆ 10月17日(土)私たちの環境と自然エネルギー・セミナーその6 //開催済み
     ” エネルギーの地産地消~小水力発電”;
                               講師、島谷幸宏氏( 九州大学工学研究院環境社会部門 教授)

           NPOボランティア交流センター・セミナールームにて多数の参加者をえて開催されました。
       自然エネルギー利用としての古い歴史のある水力発電、そして地産地消のエネルギー源として高い
       ポテンシャルを持つ小水力発電について、福岡県糸島市や朝倉市そして宮崎県五ヶ瀬町の実践例を挙
      げ、具体的でかつ興味あるお話しをしていただきました。
       自然エネルギーを推進していく上で、示唆に富む有意義なセミナーとなりました☆

☆ 8月23日 (日)星空教室ー星座さがしの親子教室 //開催済み 
       講師は、吉村真司氏( 福岡県科学館天文専門員)及び工作担当はSFクラブ メンバー
        夜空を見上げて”あの星は何?””あの星座はどこかな?” そんな星座さがしのコツを、星座早見表
       などをを使って、大勢の親子さんと楽しく学びました。工作では手作り遮光版や手作り望遠鏡で楽
       しみました。
          (NPOエコネットふくおか「夏の元気フェスタ」共催)


20154月25日(土) クラシックコンサートと自然エネルギーセミナー /後援:福岡市 /開催済み/ 
     クラシック音楽と自然エネルギーのコラボ; 西南学院大学コミュニティーセンターにて開催
    第1部(13:30~) 13:00開場  
      (オペラ独唱笹尾春美氏 (ピアノ) 山口千恵氏:バッハ作曲インヴェンション
      (トーク)   神野 和美氏:コダーイ、その人柄と音楽  
    第2部(15:30~) 自然エネルギーセミナー
     講演 「クリーンで高効率な発電システム”燃料電池”] 
       講師 石原達巳 氏(九州大学工学研究院応用化学部門 主幹教授」
    「燃料電池とは、水素と酸素を反応させて電気を作るので、エネルギー変換効率が高い上、排出されるのは      水だけです。有害な窒素酸化物など大気汚染物質を排出し ません。講演では、燃料電池の仕組み
     とその活躍の場について、具体例(燃料電池自動車など)を交え、分かりやすくお話していただきました。
    第3(16:35~17:30)『自由討論』 活発な質疑応答が行われました
         ;サブページ”科学のあれこれ”を参照のこと

     当日の会場スナップ

3月22日 (日) エコを考える簡単、楽しい理科の工作ー親子教室 /福岡市後援/ /開催済み            臨海3Rステーションで、NPOエコネットふくおか「春のイヴェント」の一環として、当クラブ
     会員による教室を開き大勢の親子さんと工作実習をしました。
    ◆ 内 容 : 「廃食 用油を使ったキャンドル作り」, 「LED素子を使ってプカプカ風船飛ばし」、
        「静電気を起こして遊ぶ」などの理科工作を楽しみました

 ◆お問い合せは、『科学の質問箱、お申込み、お問い合せ』ページで。
   又は SFクラブのメール ( miyakepc17ATyahoo.co.jp;送信に際してはAT→@と変更下さい)まで



2014年活動内容

 7.私たちの環境と自然エネルギー~セミナー 3
      2014年4月27日15:15福岡市NPOボランティア交流センター・セミナールーム
   「地球の熱を活かす」: 藤光康宏 氏(九州大学工学研究院教授、地球資源システム工学)  

      [講演の概要]
        再生可能エネルギーの中でも安定した発電が可能な地熱エネルギーについて、その概要と特色、発電
          を含めた利用方法、国内と海外における動向などについての解説やお話しをしていただきました。

 8.私たちの環境と自然エネルギー~セミナー 4 
       2014年10月18日15:15福岡市NPOボランティア交流センター・セミナールーム
    「太陽からの贈り物、バイオマス資源」近藤隆一郎氏(九州大学農学研究院 特任教授)    

    [講演概要]  
      バイオマス資源とは太陽のエネルギーを使って生物が合成したものであり、生命と太陽が
     ある限り、枯渇しない資源と言えます。再生可能エネルギーであるバイオマス資源の可能
     性を考えてみる講座でした。

 9.科学をやさしく、深く考えるシリーズ
      2014年6~9月朝日カルチャーセンター福岡教室(同センターとの協同企画による科学講座)
    「コンピューターと私たちの暮し」: 冨永信一氏(筑紫女学院大学講師・SFクラブ会員)
                              大久保博氏(久留米大学医学部講師・SFクラブ会員)   

活動報告写真

     [講座の概要]
       日頃私たちが慣れ親しんでいるパソコン・・・しかし、その中身はブラックボックス。そこで、
      コンピューターの動作原理と性能、仕組みについて、また各種ソフトウェアの賢い利用用法について
      分かりやすく解説しました。実際にパソコンを分解して、その構造と仕組みについて点検しました。

10.夏休み親子教室~NPOエコネットふくおか“元気フェスタ”イヴェント講座
       2014年8月、箱崎3Rステーション
     「天気と大気のおはなし」及び 「静電気の実験」と「影絵--かみなりぼうや」
       :伊藤久徳氏(九州大学名誉教授)及び 大濵順彦氏(西南学院大学名誉教授)ほかSFクラブ会員

活動報告写真

     [講座のお話しと内容]
       皆さんのお家や学校で、1日に何回も天気のことをお話ししますね。雷のふしぎ?天気の
      なぜ?どうして”と思っていること、今地球は異常気象なの?そんな日頃の疑問について考え
      てみました。内容は ①空気 ②雲と天気 ③雷でした。お話しに加えて、*水蒸気を「見る」
      実験、*雲を作る実験、などなど面白実験も大好評でした♪---夏休みの宿題に役に立ったか
      なあ-♪